iPhoneアプリ開発で、便利なツール

iPhoneアプリ開発の際、手軽に導入でき、便利なツールもいくつかあります。
LiveViewは、iOSとMacの両方でアプリを起動すると、Mac側の画面にiPhoneと同じサイズの枠がリアルタイムに表示され、枠に当てはめながらMacでUIを作成できます。
これにより、スマートフォン用のデザインを制作中に実機で確認する際、画像を書き出してメールで送ったり、サーバに入れてチェックする、などの面倒が省かれ、Photoshopで制作している画面なども、実機ではどのように見えるかなどが手軽に確認でき、UI制作に役立ちます。

デザイナー、デベロッパーにおすすめのツール

Adobe Edge Inspect CCは、モバイルデバイスでの表示を検証するツールで、デバイスをペアリングしてコンピューターと同期し、デバイス上でブラウズができます。
検査、デバッグをリモートで実施できるので、HTML/CSS/JavaScriptの変更をデバイスですぐさま確認できます。
パソコン上で多様なデバイスでの表示を一度に検証できるので、モバイルブラウザーを対象とするWeb デザイナーやWebデベロッパーにとっては便利なツールです。

デベロッパーの負担を軽減するツール

IconKitは、iPad用やiPhone用など、すべてのアイコンを自動的にリサイズして準備してくれます。
最大サイズのアイコンを一つ用意してIconKitにドラッグするだけで、いろいろなサイズのアイコンを作られ、デバイスに応じて最適なものを選ぶことができます。
デバイスの種類が増えるに伴い、デベロッパーはたくさんのアイコンをつくる必要が生じ、アイコンを実機に入れてはチェックし、変更していると、差し替えるだけでも作業が大変ですが、こうした問題も解消してくれます。
Reflectionは、AirPlayという機能を使うことでiPhoneの画面をMacで表示させることができます。
iPhoneアプリを簡単に動画にして紹介したり、セミナーや講演などでiPhoneの紹介をしたりするときも、簡単に動いているiPhoneの画面を見せることができます。

[参考サイト]
iPhoneアプリ開発会社に委託するならユニークビジョン